ロンドンの新型コロナ規制厳格化と今後の見通しについて解説します

 

 

アロエ集へ今日はですねロンドンで
まだ再び緊急事態宣言的なものが発令されて
自宅とかまあそういう屋内でですね
同じ世代の人つまり家族以外の人たちとえええ
一緒に会えないん
そういったまあ規制が発令されたことについて解説したいと思います
僕はですねそれを本当刑務所の独房額だなあみたいなお話で書きましたけれども
いやー独房もっと厳しいだろうみたいな
指摘なんかもたくさん来ましてですねいやいやそんなことないよと
日本の刑務所はですね非常にあの厳しくて
いわゆるその
刑務所内でのですね
ランクがー
ほんと全体の誰も12パーセントぐらいしかいないですね
一周1塁というですね
一番上のランクに行かないと電話をしたりとか
面会をその仕切りなしであったりとかそういったことはできないんですけれども
アメリカ動画ですね
ヨーロッパとかそういった諸外国の刑務所はですね比較的自由に
電話もできるして神多少代だったりとか
面会する時もですね仕切りなしでしかも刑務官の立ち会いもなしで硬質で家族なんかと
会えたりするような便ご紹介ですねそういった人たちと会えるようなところがまあ
ほとんどでありますあの先進国においてはですね
ということで私はあの独房みたいなもんだという風に話をしました
まああの屋外では屋外の場合は多分規制されてないと思うんですけれども
マートはいいですねなかなか外にも出づらい状況では飲食店とかですねそういった
多くないの場所というのはですね全然いけないとしかも公共
交通機関できるだけ使うなという話になってるわけで
室内っていう意味でそのタクシーなんかに乗るときはどうなるのかなっていうところは
ちょっと気になるところではあるんですけれども
a その規制というのはですね気を厳しめかなあというふうに思いました
関西者数は増えているもののですね
あの脂肪率を劇的に下がっておりましてまあこれ
いくつかのリーはあると思うんですけれども a
感染症としてのですねそのウイルスが者ブロック化している
いわゆる弱毒化している毒が弱くなっているという意味ですけれども
まあそういったケースもあれば
各園ウィルスの監視デー
幹線の度合いあるいはその時期に応じてですね適切な治療法というのは確立してきた
こともあってですね脂肪率は日本とかアジアだけでなく欧米でも下がってきているよう
な状況にあります
こういった中で再びヨーロッパでは機種規制が強化されている
差別さ
特に東そうでない国っていう風なところで分かれてはいるもののですね
まあこう今月から来月にかけて一つの大きなイベントというのはですねアメリカの
大統領選
トランプが勝つか売電額つかということでですね
a 4メタボなウィルス対策によっ
についてもですねこの2人大きく意見分かれておりまして
売電が勝てば規制強化の流れというのが
あってアメリカでも大きくなってくるでしょうし
逆にそのトランプが勝てばですね規制緩和ということになるでしょ
ゲイ特に飲食店だったり旅行業界だったりそういったところはですねまぁ規制強化さ
れるとですねもう完全に死刑
戦国受けるようなんなので
まあ
トランプが嫌いでもですねトランポししてしまう可能性っていうのを僕は結構あると
思ってて
表立ってはトランプ指示とは言えないけど嫌だけど
規制は緩和してほしいからトランプに入れるワーっていう人は僕結構いるんじゃないか
なというふうに思っておりまして
まぁその辺ですね日本はどちらかというと規制緩和の方にんか蒸気
ローとしております4 a
いわゆるその封じ込めに成功していると言われている国との間でもですね bcr 県
さあというのをですね
適切にやればですねそんなに長い間隔離しなくてもですね12機ができるということが
わかりつつありますので
まあそういったところでですね適切な規制に収まっていくんじゃないかなというふうに
予測しておりますということで
一とろ集
はい私もニコ動がねぇグローバーがチャンネルってやってるんですか
これから週に1回1時間皆さんの質問になぜございますよ
いうのをやりたいと思いますのでぜひいますブロガーのチャンネルいってください
鈴姫800発信です
んですね
[音楽]
[拍手]
[音楽]

Bio