ALS患者嘱託殺人事件について解説します

 

 

ハロ幼虫
影響はですね福岡のホテルからお届けしてまいります
今回ですねわ行マフィアの
ツアーの一環で
福岡ですね
酒屋さんとか a
コーヒのミラーを作っているメーカーさんとかですねいろんな所を回ってまいりました
それでですね中洲でも飲んできましたということで今日も行って参りたいと思います
今日のテーマですね
難病 a レースに犯された五十者の女性が嘱託殺人で2人の医師からセミ役をどうよ
されて殺されると
au 理事兼をですね結構大々的に報道されておりましたがここについてお話をしたい
と思います
日本はですねまああの最高裁判決
ね実際にだから自重の安楽死に対していろんな条件が提示されてこれを満たしている
場合で一応アナ
口として認められるという最高裁判決はあるにせよですね
制度として
あ隠しが認められているような状況にはありません
その中でですね高齢者とはですね
まあある意味社会に対してものすごく
負担を危惧している存在だということで
まあある意味ですね医師免許を持っている
医師側の人間がですねそういったところに対して思想を感じて
思想をもってですねそういった人たちを死に至らしめるということをです実際に起こし
た事件ということで
まあなかなかセンセーショナルな話題となっております
しかしだからですねこういった
医療系の人たちがですねそういったところで
問題を問題起こすというか社会的にセンセーショナルなことを起こすということはです
ね起こすとか事件を起こすということは
a 本当に今ね100も何十年前から100年前以上という古ところで言うとですね
結構怒ってたわけですよねそうやって人類の神秘というの解明されてきた部分
があると思います
ただもちろんですね
q 現代においてそういったものは許されることではありません
しかしながら例えば日本における受賞でいうとですね札幌医科大学の心臓移植手術事件
だったりとかですねまだ日本ではですね心臓移植というのがですね
そもそもその脳死状態
愛で心臓を取り出すということ自体がを空井されてない時代にですね
そういったことが札幌医科大学というところで行われて先生ず
宣誓書のような事件になってその後です日本の c ゾーイ食の歴史が止まってしまっ
たりとかそういったこともありました
今回もですね例えばオランダなんかでいうとですね穴口が認められている状況にあり
ますが
ていた
日本では法的に認められたら状態で事実をそれに準じていることをやってしまったと
いうことで
非常に大きなセンセーショナルな事件どうなっております
しかしながらですねぇー
sa
念石作成側索硬化しそうですか店
だったりとかですねパーキンソン病のようなピンクが動かなくなって
体ものすごく不自由があるというかもほぼ何もできないような状況になっているにも
関わらず
眼球を覚えたりとか感覚神経は生き残ったままになるとつまり
天井動けないんだけれども
そして自立的に良い呼吸もできない
ご飯も食べられないような状況にあるにも関らず
生きている状態であることは認識できているという非常にも
なんてとかな完全いい体を雁字搦めにされているのに色やに閉じ込められているの状態
かろうじでですね例えば眼球の大きで一緒の疎通ができるとかそういった
ソリューション回
開発されていい
いるんですけれども非常に生きる支部が本当にやから
いい形ファイルとイキリ7か鍋
屍のような状態にあるようなですね
状態で自分がそういう状態にもしなったらどういう風に感じられて感じるだろうという
ふうに思うと今回のようなですね状態で
このね死を望んだ患者さんがどういうふうに思っているのかそしてその人たちを解放し
たいという強い意志を感じている医師免許を持った人たちがいるとこのような状態に
なるという非常に大きな問題で気球をしたのではないかなというふうに思います
結果として日本でを尊厳死を認めるかそういった議論がですねこれからなされていくと
思いますが
そこで一つポイントになるのは本当は行きたいんだけれども
無理やり殺されてしまうという人がいないような状態を作り上げなければいけないと
そういったところ非常に注視が必要なんじゃないかなというふうに思います
ということで行ってらっしゃいはい私もニコ動がねぇ
ブロンバーがチャンネルってやってるんですか
これから週に1回ちがー皆さんの質問に何でもございますよ
いうのをやりたいと思いますのでぜひいますブロガーなチャンネル登録ください
瑕併
808社員です
んですね
[音楽]
[拍手]
[音楽]

Bio