Facebookが独禁法違反で提訴された件について解説します

 

 

ある一部今日はですねフェイスブックがアメリカの政府当局からですね反トラスト法で
提出されてワッツアップとかインスタグラム
ですね facebook のグループ企業こちらをですね売却しろというふうに迫ら
れているとそういった件について解説したいと思います
まあこれまでもですねアメリカはですね反トラスト法まあ
独占禁止法みたいな法律なんですけれども
まあこういったものでですね巨大企業がコングロマリット作って
a
まあある産業市場ですね独占することを急いで
適切な市場のですね競争環境を維持するという状況を作り出し
アメリカ
国としてのですね産業の競争力を保ってきたと言う
まあ二重があってこのような行動になったのかなどういうふうに考えます
まああのその是非は別としてですね a
まあがファーへむと言われるですねアメリカの
その二代 it 企業の中でもですねもうすでに提訴されているグーグルとフェイス
ブックはですね非常にあの
提訴されるリスクが高い企業であるというのはです私も以前から指摘しておりました
まあ a 6のマイクロソフトで
ですねええ windows 95と internet explorer 皆さん
も覚えてられるかどうかわかりませんけれども
この
融合させたねそれの結果としてネットスケートかそういった会社がですね潰されたと
いうことで永井がですねこの反トラスト法のですねええ
訴訟というかそういったものに耐えてきてなんとかまぁ分割を逃れたという
ええまあ分割を逃れた間にですね1のまにかアップルがやってきて
a
まあまあこれソフトが一時の勢いをなくしちゃったなんていう話もありましたけれども
なんでそのフェイ請求がこういった批判に晒されるのかという
まあお話をしていきたいなぁと思います
amazon とですねアップルというのはですね実は市場のシェアがそんなに高く
ないんですよね
a
アマゾンが目指してるその通販全体の市場の中でですねじゃあ
アマゾンは支配的な立場を得ているかというと全然そんなことはないわけですよ
なのでへ
月通販全体ですねアメリカのですねまぁ
郡全体という風に考えるとですね全然 amazon というのはそんなに試合的立場
にありませんみたいな話になっちゃうので
なかなか提訴しづらい部分もあると思いますまたアップルも同様ですね
単価の高い iphone という smart phone
今特価を
している実は市場シェアを抑えているの android
だったりすると android は当然ですね google のまあ
広告ビジネスですね
基本的に os そういったソフトウェアの枠組みは無償で提供してええまあ
カスタマイズ可能にしたモデルは有料のライセンスフィーを課金してそして残りは
google の検索エンジン等デフォルトで入れることによってそこの詮索広告で
稼いでいくというのが布
スマホビジネスのモデルなわけですけれども
まあこっちの方がですね市場シェアを奪ってしまって提訴されやすいと言う
まあデメリットを抱えているという
まあおそらくですねこういったその反トラスト法の訴訟が来るというのは当然その巨大
企業を経営する上ではですね必ず
考えなければいけない部分がわけですけれども
この辺やはり所の強気のですねマークザッカーバーグ
ねソーシャルネットワークって映画にもなりましたけれども
まあこれまでフェイスブックというのはですね
自分たちが脅威になるかもしれない自分たちの脅威になるかもしれない
ベンチャー企業ですね根こそぎ買収してしまうとこういった方針のもとにですねやって
まいりました
そして買収できなかった場合は徹底的に
op して潰すと
例えばインスタグラムとかワッツアップは買収できましたけれども例えばしナップ
チャットであったりティクトク
行ったりこういったサイトは真似できなかったので
a インスタグラムにですね
買収したインスタグラムにストーリーズをやらせたりとかですねイールっていう
サービスをやらせたりとかそういったことでですねライバル企業サービスをですね
ありとあらゆる自社グループのですねサービスを通じてサービスアプリを通じて潰して
きたとまあそういったあー部分があります

何結果としてですねええ
[音楽]
facebook は自分たちの sns が高齢化して若者たちに全然シェアを取れ
なくなったにも関わらずですねワッツアップだったり度かインスタグラムという
サービスを得ることによって全世代に
まあリーチができる sns を持つ巨大企業グループになっているという側面があり
ます
まあマークザッカーバーグからしてみればですねえぇまぁインスタグラムワッツ
アッパーともかくとしてイースタグラムを買収したときは飲んでこんな値段でこの赤字

ちっちゃー会社を買うんだっていうふうに馬鹿にさ
れたものですけれどもまあ今やこれ多分別にあの
インスタグラムだけがすごかったと僕は思えません
そこからですね facebook が買収してインスタグラムというのはですね非常
に大きく成長したというところもあります
ですので得ます特にそのネスト
breeze なんかっていうのはおそらくインスタグラムがストーリーズの機能
facebook リバア
あやうされるなくてですねつけてたかっていうとそこは僕は結構疑問だと思うんで
a そういった高ね有無を言わさぬというかです狙いバラ潰せみたいなそういった方針
であってなければそこまで
インスタグラムというのが成長したと思いません
なのでそれはインスタグラムにそのヴォイト
僕が幸いだったかもしれないしユーザーからしてもですねまぁ正直ユーザーからして
みれば別にスナップチャートだろうがいいスタグラムだろワ地区どこだろうが何でも
いいわけ
どうせ無料ですからね
とはいえですね後ろでその sns の情報を個人情報を得られてそれを広告美術に
使われるなんていう話もありますのでそういったところ
店頭に置いて司法省というのはですね反トラスト法違反で
8することでそうしたという形になりました
まずはですね当然その企業分割の馬頭て受け入れられないと思いますので
最初はですね柄徹底的にはなく争う方針でおそらくやっていくと思いますし今後もです

大きな買収というのをですね続けていくと思われます
そしてですね反トラスト法向こうグローバルなぁ
時代ですねグローバルな時代
アメリカ国内にとどまらずですね世界中で使われている性の一つをやってアメリカだけ
の訪日でさばいていいものかどうかというような枠組みもありますし実際のところ
巨大 it 企業が世の中にとって悪いのかいいのかっていうところも面も含めてです
ね虫
の国家の方が悪さをしているじゃないかと国家に税金納めるよりもですね
ガーファーに収めた方が収めたとか
広告費としてですね a 陰で取られているわけですけれども
まあこう言ったほうがむしろいいんじゃないかって言うなんていう議論もありますので
今後の動きというのはちょっと読めないけど
があるんですけれども a
まあ facebook 今後ですねまぁ多分マックザッカーバーグ ceo もです

キャラクターもあると思うんですけれどもぜってー的に徹底抗戦していくだろうなと
いうふうに思っていますので今後の大きい気になりますね
ということで一応し
san
ただしこれはいろんな中古って言うんですね
これ週1回1時間皆さんのスゴ27てことでしょ
なりたいと思いますねぇぜひ言いますけど夏
me
けど発祥ですスゴです
てくださいん
のののってあらっ
[音楽]
[音楽]

Bio