「東京ミネルヴァ法律事務所」の破産について解説します

 

 

ハローよ10今日は東京見れば法律事務所が550億円の f 左翼かつて抱えて倒産
した
件について
解説をしたいというふうに思っております
こちらの感謝ですね消費者金融の過払い金の
取り立てだったりとか c 型肝炎の国 by 書影国家賠償責任補償
だったりとかそういったところのいわゆるその消費者向けのですね大規模な cm
ねコマーシャルのっ
広告を出してですね大々的にそういったあの
お客さんを集めていたいわゆる過払い金型のですね
法律事務所だったわけなんですけれどもどうやらこちらの法律事務所
あの周りとそのお年寄りのですね弁護士さんが多い
そんなに高ゴリゴリ cm をやってお客さんの歯
していこうというようなええ感じの法律事務所ではなかったらしいんですけれども
だからその業界内ではですねそういったかフライ金とかそういったことを扱う業界内で

漫談あの法律事務所がそんなことしてんだろうねっていう風に生まれてたらしいんです
ねどうやらこれ噂なんですけれども
背後にですねどうもよからぬ方々がいらっしゃって
そちらの方々がですねその過払い金を問えば持ち逃げしたらしいという噂が私の耳に
入ってまいりました
これどういうことかと言いますとええまあかバレー金を
まあ過払い金自体はですねいわゆるその利息制限法の上限と出資法の

現金糸その差額がですねプレイゾーンキーにと言われていてこれがなんとバックデート
昔に遡ってですね
その金利は認めませんとグレーゾーン金利は良い方でしたっていう最高裁判決がです
2006年かな
に行われても業界逃げしもうよ商社金融業界に撃針が走って
もうほんといくつ完成消費者金融会社はですね潰れるぐらいのインパクトがあったん
ですけれどもこちらの方
a 過払い金は知らない人たちがいるので実は払いすぎてませんかっていう cm
みなさんたくさん見たことがあると思いますけどそこで
まぁ実際に取り立てられるんですけれどもまあ何割かの人たちはですね実際に払った
お金がです1分戻ってくると
200万とか300万とか戻ってくるわけですねそれはいったん商社金融は弁護士事務
所に振り込むんですね
で弁護士事務所はその取り立ての手数料を差っ引いた上で
へ債権者にマザー傾斜というかもお客さんにですね返すと返すというか振り込むって
いうフロー
とるわけですけれどもこれはですね当然その弁護士事務所が弁護士がそんな悪いこと
するわけないだろうということで信頼の上にそれは成り立っているわけですよね
なので弁護士事務所がお金を取り扱ってても問題ないだろうということでこれまでやっ
てこれました
しかしながらそこに弁護士ではない
よからぬことを企むや輩がですねいたとすると
例えばその弁護士さんのなんか弱みをついてとか
分かりませんけれどもそういったことがですねなされて入りいたとするならばですね
何か月分かの過払い金をクライアントさんにあの今ちょっと手続きがちょっと遅れてる
んで
みたいな感じでロー半年分とか
彼らはないでいるとですねちょうど50億とこ60億とターンそれぐらいの
金額はですね弁護士事務所に残るわけですね
それを
いいこの講座こと引っこ抜いてお金を持ち逃げすると
そういうスキームだったとするならばこれはまさにいわゆる
今回のですね見れれば法律事務所のですね
にゃんちゃん
どうもそういう感じ臭いという
お話でございました
まあ当然そこに加担した弁護士さんもですね
当然これはもう本当に法律家としてあるまじき報道だと思いますので気尾宿糾弾すべき
だというふうに思います
こういったことがあるとですねおそらくこれからはですね
yeah
消費者金融が直接クライアントさんの口座に振り込んで
手数料面だけ弁護士事務所とか
行政司法書士法人に起こるとかせ話になって
この過払い金取り立てビジネスそのものですね
ビジネスモデルが崩壊しかねない事態なんじゃないかなというふうに思います
まあ
この過払い金取り立てビジネス自体はですね弁護士
業界からもですね疎まれていたとかでも木走っている弁護 c
産んだんだみたいに風にお前思われてたこともありますし世間的なイメージも良くない
のでもしかしたこの事件を機にですねこの業界というのは崩壊に向かうかもしれません
ということで行ってらっしゃいん
はいん
私のニコ動がねグローバーがチャンネルをやってい
これから週に1回知事がみなさんの巣ボニーラでございますよ
いうのをやりたいと思いますので
ぜひ今すぐローラーチャンネルいいとしてください
好き好き
ちょっと発車います
[音楽]
[拍手]
[音楽]
[拍手]
[音楽]
[拍手]
[音楽]

Bio