サイゼリヤの食事用マスクに反対する理由・カルロスゴーンの家についてお話しします

 

 

ハロー youtube
えーちょっとライティングはね line で申し訳ないんですけれども
a 私これからですね
先述のあのサイゼリアが発表した
憤怒姿マスクの是非について
なんだ私がこの
ついてこのニュースにですね反応はさ反応したのか
この理由についてご説明したいと思います
別になんでもかんでもニュースにかみつくとかそういうふうに思われる人がいたりする
みたいなんですけどそういうことではないですねこれはですね飲食店業界にとって非常

まあいう式問題だと僕は思っていまして
エアーのふんどしがたマスクはですねその o 邸のサイゼリヤうこういうものを導入
するとですねそれに倣ってあのふんどし型マスクを導入するような会社がもし増えてき
たとすると外食行きたくない人結構増えるんじゃないかなとか逆に気ないしております
まあ新型コロナウイルスをですね家族かあの過剰に怖がる人たち対策なんでしょう
けれども特にそのサイゼリヤみたいな格安業態のところに行く人達ってクレーマーの
結構多いですね高級状態に行く人達っていうのはわりとおおらかな人たちが多くてあの
むしろそのノイジーマイノリティのクレーマーみたい
人たちはほとんどいないんですね
なのでおそらくさあ尻ああいう貸借をですね多分多分あれはふざけてるんじゃないと
思うんですけれども
また部ユーチューバーとかですね
大学生とかそういった人達ってん多分アレをですね
面白がって付けに行くんだろうけれどもあれがでも
デバッグとスタンダードになってしまうとも外食の楽しみってなくなると思うんですよ

僕は少なくともあのふんどしがだますかつけたくないですね
そんな言葉でして飲食店に行きたいなとは思わなくなると思いますそれが
飲食業界に対するですねひとつのまあギャグ風になるんじゃないかなというふうに考え
ております
なぜならですねマスクをつけることが半ばですね強制されるような社会になってきまし

まぁ実際息苦しいですよね僕飛行機なんかに乗るときにですね jal とか ana
とか乗るときにですねマスクつけてない
そうですね注意されたりするんですけど
あの
本当に黙って隣も自分のまあ身内でですねええ
ねあの他の人たちと別シャベルでもなくですね
ただただ黙って前を向いて座ってるだけなのになんでも彼処する必要があるんですかと
それは完全にクレーマー対策でしかないですよね
なのでよくわかんないけど例えば軽トラに一人で乗ってるおじさんが絵馬少している誰
に打つわけでもなし
花粉症の季節でもないのにそんなことをしているという
誰も歩いてない公園をですねますコツ穴に歩いてると注意されるとかですねもうよく
わかんない状態になったわけですよ例えばゴルフ場のきゃりーさん
今もへ
炎天下でゴールしてます a きゃねーさんはマスクを着けています
もうぜーぜーはーはー50過ぎのおばちゃんのキャリーはですね
ゼイゼイハアハアしながらあのなぁ歩いてついてくるって本当に苦情でしかないですよ
ね中傷とかで取れちゃうんじゃないかなっていう思うぐらいですね非常におかしなこと
になっちゃってるわけですよ
しかしながらこの新型コロナウイルス対策で益子しなければいけない
何が何でもマスクなんだとで
よくわかんない理屈を振り返す振りかざす人たち向けの対策でですね熱中症で倒れる
ようにをコロナ
対策で益子氏はいけない中傷で食べたほうがいいみたいなよくわかんない論になっ
ちゃってるわけですよ
なのでこんなものがで描くとスタンダードになる前にですね
私は声をあげました
以上ですね
それとですねあとニュースでですねカルロスゴーンさんレバノンに逃亡したかルース
ゴンさんの自宅がですね爆発でなくなってしまったと
なのでホームレス状態だみたいなのニュースをですねまだ日本の
まあマスコミがだしててバカにしてたわけですけれども
ゴンさんですねあの
まあ
レバノンの首都ベイルートからですね1時間ちょっとくらいあるところにですね
別荘があったりとかするので a
まあ彼の所有物かどうかわかんないんですけど別荘
終わったりまあお金持ちの友達たくさんいてゲートしていって言ってですね
あのセキュリティばっちりのですね別荘地があったりするので
しかも外観のドルですねたくさん持っているので
へレバノンポンドがですね壁とずになろうともですねカフスポンサーを蒸し卵たいと
いうことでですね
まあ日本のマスコミの人たちの思うようにはなりませんよという残念なお知らせですが
a
ということで
一旦スイッ
はい私もニコ動が0
グローバーがチャンネルをやってるんです
これから数3日一時がー皆さんの巣ボニーラでございますよ
いうのをやりたいと思いますのでぜひいますブロガーなチャンネルいってください
寿々佳
ちょっとさっしーです

[音楽]
[拍手]
[音楽]

Bio